首イボを出来にくくする生活習慣と、オススメの化粧品をご紹介します♪

首イボは加齢や老化、ウイルスによって起こりますが、それは首イボを作りやすい生活習慣につながっていると言えます。

首イボを作りやすい生活習慣として紫外線対策をおろそかにしてしまったり、ナイロン製のボディータオルでゴシゴシ身体を洗ったり、自分で勝手にハサミで切ってしまうこと、ナイロン製の下着による摩擦が挙げられます。

首イボを引き起こす元凶は紫外線です。
紫外線による首へのダメージから守ることが重要です。
紫外線が強い夏だけでなく、1年中日焼け止めを塗って首を紫外線から守りましょう。

実は5月頃から紫外線は強くなります。
なので夏だけ紫外線ケアをどんなにしっかり行っていたとしても、それ以外の季節でも紫外線は出ているので、たとえ冬の寒い季節であっても紫外線ケアは怠ってはいけないのです。

紫外線対策として日焼け止めを塗ったり、コットンやシルクなどの肌に優しい素材のスカーフやマフラー、ストールで首を保護するのも良いでしょう。
紫外線に当たってしまった日は水分補給をいつも以上に行い、保湿クリームなどアフターケアを十分に行います。

また、普段お風呂で首を洗う際にナイロンタオルでゴシゴシと洗ってしまう人も多いでしょう。
ナイロン製のタオルで首をゴシゴシすることで大きな刺激となり、イボを作りやすい環境を作ってしまいます。
石鹸をしっかり泡立てて、手を使って泡で優しく包み込むように洗ったり、面素材のボディータオルなど肌に負担が少ないものを使うことでイボを作りにくい肌づくりを目指せます。

首イボが出来てしまってそれがどうしても気になってしまうため、自己判断でハサミで切ってしまう方もいますが、自己流のケアは厳禁です。
色素沈着を起こしたり、皮膚が硬くなったりといったさらにイボが出来やすい環境となってしまうので自分で勝手にハサミで切るのが絶対に止めましょう。
首イボ専用のクリームでケアしたり、病院で取ってもらうようにします。
ナイロン製の下着や衣服は多いですが、摩擦も多くなり擦れてしまうことでイボが出来やすい状態になってしまいます。
ナイロン製の下着や衣服の摩擦で肌を傷めてしますので、コットンなど肌に優しい素材にしたり、保護クリームで肌をケアして摩擦を少なくすることで摩擦によるイボを予防します。

普段何気なく行っている生活習慣が実は首イボを作りやすくしてしまうことがあるので、そういった習慣を見直して、首をケアすることが重要だと分かります。
さらに、生活習慣を合わせて大切なことが、日ごろのお肌のケアです。
ケアを怠ってしまうと、首イボが出来やすい環境に陥りやすくなります。
私が1年前から愛用している首イボ化粧品は、オールインワンの化粧品もご紹介されていますので、毎日のスキンケアを合わせて使ってみてはいかがでしょうか?